お腹を温める効果

お腹を温める効果

私は以前、冷え性で悩んでいました。
その原因はお腹にもあったようです。
便秘はしないものの、下痢をすることが多く、それも悩みの一つでした。

 

腸内環境と健康の関係を知ってから、やはり冷えが美容にも悪影響を与えていることを知りました。
身体が冷えてくるとむくみが生じてきます。

 

また、運動不足が続くと筋肉量が減り、脂肪が増えてきてしまい、それが冷え症をさらに大きくしてしまうようです。
デスクワークだとどうしても運動不足になりやすくなってしまいます。

 

今まではそれでも仕方がないと諦めていましたが、年齢を重ねるうちに体調を崩しやすくなり、健康の大切さを実感するようになりました。
そこで身体の冷えがむくみや美容にも悪影響を与えていることを知り、何とかして改善していきたいと考えるようになりました。

 

特にお腹は身体の中心であり、丹田のつぼは大切な場所です。
ここを冷やさないこと、温めることで身体の調子が改善されていきました。

 

冬は寒くて体の動きが鈍くなってしまいますが、お腹を温めることでそれも改善出来て、寒い日でも外でウォーキングを楽しめるようになりました。
また以前よりも体が引きしまり、風邪を引きにくくなりました。

 

体脂肪は計っていませんが、おそらく以前よりは減ってきているのではないかと思っています。
私はカイロや腹巻などでお腹を温めています。
お腹を温めるようになってから、様々な良い効果が生まれてきました。

 

以前のような下痢をする回数が減ってきたのは嬉しい効果です。
また下半身のむくみも少しずつ改善されてきて、脂肪が筋肉に変わってきているのを実感しています。

 

特にお尻の周りの贅肉が引き締まってきて、お尻や脚の付け根の部分が一回り小さくなったのを感じています。